自動車保険 おすすめ ネット

自動車保険・任意保険のおすすめはネット!

任意保険 安い

自動車任意保険 安い

自動車保険 安く

任意保険 格安

 

自動車任意保険は、車に乗るならなくてはならないものです。
毎年更新が必要なのですが、面倒だから・・・と見直しせずにそのまま契約を継続させていませんか?

 

自動車任意保険の保険料は、会社によって様々です。
見直しを行った方が平均25000円も保険料が安くなったというデータもあります。
自分の任意保険、見直ししてみませんか?

 

任意保険の仕組みはなんだか難しくて考えるもの面倒ですね。
しかし、実は4種類の補償といくつかの特約で成り立っているだけなのです。
わかりやすく簡単に書いてみます。

 

1.相手の体への補償:対人補償
2.相手の車への補償:対物補償
3.自分の体への補償:人身傷害か搭乗者傷害
4.自分の車への補償:車両保険

 

これに自動車事故弁護士費用特約やファミリーバイク特約などの人によって必要と思われる特約がいくつかあるのです。
補償の内容ですが、@とAは事故の加害者になってしまった場合のために、無制限にしておきましょう。
BとCは必要に応じて加入する人が多いようです。
特にCは保険料が一気にあがる要素となるため、古い車や価値のあまりない車にはつけないという人が多いようです。
しかし、車へのイタズラや故意のパンク、当て逃げなど犯人がすぐには見つからないケースでも補償してくれるので、車両保険は必要ないとも言い切れません。
入っておくとより安心です。

 

これらの条件を決めたら、あとは自動車保険一括見積もりの出番です。
複数の自動車任意保険会社からまとめて見積もりを取ることが出来るので、同じ条件で1番安い保険会社を簡単に見つけることができます。

 

自動車保険の見積もり

 

 

 

 

自動車事故弁護士費用特約とは

弁護士特約

 

自動車任意保険を契約するとき、自動車事故弁護士費用特約は必ずつけたほうが良いと言われています。
相手に落ち度がある事故のことをもらい事故と言います。もらい事故の場合は過失割合100対0です。

 

この場合、任意保険会社があなたの代わりに示談交渉をすることは弁護士法で禁止されているため相手の保険会社との交渉はあなた自身で行わなければなりません。

 

もらい事故の示談交渉でのトラブルは少なくありません。
相手が治療費や修理費の支払いに応じてくれない、相手が提示した賠償金に納得できないので裁判を起こすかもしれないなどいろいろ問題があります。
こんな時、弁護士が味方にいれば心強いと思いませんか?

 

任意保険に自動車事故弁護士費用特約をつけておくと、事故による自分の怪我の治療費や車の修理費を相手に請求するときに、弁護士に交渉を依頼したり相談をした費用を補償してくれます。

 

もらい事故で相手の保険会社の言いなりになったり、自分が納得できない示談交渉にならないように専門家を味方に付けることが出来ます。自動車事故弁護士費用特約はつけておくことをオススメします。

 

 

 

車両保険には一般型とエコノミー型がある

車両保険 一般型 エコノミー型

 

車両保険には一般型とエコノミー型があります。何が違うのでしょうか?

 

・一般型の補償内容:火災や爆発、落書きやいたずら、窓ガラスの破損、飛来物や落下物との衝突、他車との衝突や接触、台風や竜巻や洪水や高潮、盗難、電柱への衝突、自転車との接触、相手車不明の当て逃げ、転覆や墜落

 

・エコノミー型:火災や爆発、落書きやいたずら、窓ガラスの破損、飛来物や落下物との衝突、他車との衝突や接触、台風や竜巻や洪水や高潮、盗難

 

つまり一般型のほうが補償範囲が広いのです。

 

交通事故は相手が必ずいるとは限りません。単独事故の場合はエコノミー型では補償されないのです。
そして結構よくあるのですが、スーパーの駐車場で買い物をして帰ったら車が凹んでいたなんていう相手がわからない場合の当て逃げも一般型でしか保証されません。警察に来てもらってもすぐには犯人はわかりませんし、捕まる可能性も低いです。こんな当て逃げ犯人が捕まらないときは悔しいですが自分で修理するしか方法がありません。
こんなときに一般型の車両保険に入っていれば、保険で修理することができます。

 

ではエコノミー型のメリットは何でしょう?
エコノミー型は補償の範囲を狭めることで、保険料が安くなるという点です。車両保険をつけると保険料がかなり上がります。
車両保険は付けたいけど、保険料は安くしたいという方のためのエコノミー型なのです。

 

 

 

事故の時の等級ダウンとは

自動車任意保険 ノンフリート等級

 

自動車任意保険は等級で管理されています。個人で1台契約する場合はノンフリート等級で管理されています。
ノンフリート等級は初めての時は6等級からスタートします。1年間無事故であれば1等級あがりますし、事故で保険を使った場合は等級がダウンします。ダウンする数は事故の内容によって、3等級ダウンと1等級ダウン、ノーカウント事故に分かれます。

 

まずは1等級ダウンの事故とは
・契約車両が盗難に遭い、車両保険を使用した
・台風や洪水などにより、車両保険を使用した
・落書きやイタズラ、窓ガラスの破損により、車両保険を使用した

 

次にノーカウント事故とは
・人身傷害・搭乗者傷害の保険金のみが支払われた
・自動車事故弁護士特約のみ使用した
・原付バイク事故でファミリーバイク特約のみ使用した

 

これら以外の事故で保険を使用した場合は、3等級ダウンとなります。
・他人に怪我を負わせてしまい、対人賠償保険を使用した
・他人の車やものを破損してしまい、対物賠償保険を使用した
・ガードレールや電柱や建物などに車をぶつけて車両保険を使用した

 

このようなケースは、翌年のノンフリート等級が3等級上がって、任意保険の保険料がアップしてしまうのです。